メインイメージ

追突された場合

交通事故で追突された時の弁護士の選び方について

交通事故で追突をされた場合、殆どが100%追突した側の過失責任となる場合が多いものです。

しかしむち打ちや頸椎ねんざなど重篤な症状になってしまうことも多く、その治療には長期間かかってしまうことも少なくありません。

その場合相手方の保険会社は治療の成果が上がっていないとみなし、症状固定として治療費や休業補償を打ち切ってくることが良くあります。

これを症状固定と言いますが、相手方が症状固定と言ってきた場合でも弁護士を立てて争うことでその後の治療費や休業補償、慰謝料を受け取れるように出来る可能性があります。

追突は交通事故の中でもその後遺症が非常に残りやすいと言われる事故の形態です。

また特に同乗者がいる場合その同乗者の症状が重篤になる場合が多いものです。その為その治療は非常に長引くことが多いと同時に、日常生活にも支障をきたしてしまうことが良くあります。

しかし、保険会社などが適用する保険金の支払い基準に於いては、治療のための通院が一定期間以上続いた場合や、治療内容に著しい変化が無い場合などは治療を行っても症状に変化が無いとみなし、治療費や休業補償の支給を打ち切ってしまうことが良くあります。

保険会社はあくまでも自社の利益を重視することが重要であり、また現実として治療に行っていないのに治療費を請求する悪質な人間もいることからこのような手段を取らざるを得ないものです。

しかし実際に治療が必要で、かつ症状が継続している場合には、相手方と交渉を行うことが大切です。この交渉を行う場合には弁護士を立てて行うことが重要ですが、その場合の弁護士は交通事故の問題に精通し、保険会社との交渉の実績が豊富な人が望ましいものです。

保険会社とのパイプも有るので、同じ交通事故の問題を解決するのでも水面下の交渉もふくめ、有利に進めてくれる可能性が高いからです。

また保険には弁護士特約というものもあり、交通事故で被害者となった場合弁護士費用を保険から全額負担してくれるものも有るので、自分の自動車保険を確認して、有効に利用しましょう。

交通事故の後遺症で苦しむ人は大勢いますが、慰謝料などは金銭が絡んでくるためなかなか円満に解決することは難しい側面もあります。

出来るだけ支払う額を減らそうとする加害者側と交渉するには、相手の言い分を法律的な見地で判断し反論できると同時に、相手方の内情を把握し揺さぶることが出来る弁護士を選ぶことが重要です。

Copyright© 2015 交通事故にあったときに弁護士との手続きをどう済ますか All Rights Reserved.