メインイメージ

リノベーションについて

厚木市の土地価格と一戸建てのリノベーションについて

神奈川県の厚木市には中原区と呼ばれる区が有ります。
中原区は、東急東横線の元住吉、武蔵小杉、新丸子などの駅周辺、JR南武線の武蔵中原や向河原駅周辺などの地域で、主に東京都との県境を流れている多摩川沿いの地域です。

厚木市の中原区と言うのは、神奈川県の中でも最も土地の取引価格が高いとされている地域で、2013年度における取引価格の坪単価は128.84万円と言われています。
因みに、JR厚木駅などがある周辺と言うのは、厚木市幸区になるエリアで、厚木と言うとこの周辺が最も土地価格などが高いようなイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。
幸区においては、取引価格の坪単価は93.96万円ですので、中原区と比較すると安いものの、坪単価が約94万円と言う金額は決して安いものではありません。

所で、一戸建てと言うのは、マンションと異なり独立した所有権を持つのが特徴です。
マンションの場合は、土地の持分と言うのは専有面積の割合により計算されます。
マンションの敷地が1000坪あっても、部屋の広さに応じての割合で土地の持分が計算されるのです。
そのため、専有面積が狭い部屋程土地の持分は少なくなります。

また、世帯数が多いマンションになると土地の持分が少なくなるのです。
しかしながら、マンションが共有住宅であり、土地を持っているからと言って、その土地を自由に使う事は出来ません。

一方、一戸建ての場合は、建物が建築されている土地と言うのは、一般的には全てが所有権を持ちます。
これはマンションと一戸建ての大きな違いであり、一戸建てにはマンションとは異なる独立した所有権を持つという事なのです。

一戸建ての土地がある事で建物が老朽化しても建て直しをする事が可能になりますし、リノベーションも可能になります。

因みに、リノベーションと言うのは、一戸建てなどの建物の構造体だけを残して、住宅の中にある設備、壁、建具などを全て解体し、一つの空間を作り上げた後に、そこに新しい間取りを作り上げていくリフォーム手法です。

構造体は建物を支えるための役割を持つ骨組みであり、これ以外を全て解体する事で新しい間取りを作り出す事が出来ます。
一般的なリフォーム工事では困難になると言う水周りの変更も容易に出来ますので、キッチンやお風呂場などの位置も自由自在に変更する事が出来ます。
また、住宅はライフスタイルに合わせた間取りにすることが出来ると言ったメリットがあるのです。

一戸建てにリノベーションリフォームを施す事でその時代にマッチした間取り、生活し易い間取りに変えることが出来るのです。”

Copyright© 2015 厚木で一戸建てをライフスタイルに合わせて作りたい、都内にも近くてお勧めですよ All Rights Reserved.