メインイメージ

一戸建てとマンションの比較

厚木市は神奈川県の北東部にあります。

また、厚木市の北東部側は多摩川が流れており、多摩川は東京都との県境になります。
多摩川を越えることで東京都になりますので、東京へのアクセスや環境が良い地域になります。

厚木市で一戸建てを考える場合、どのエリアが最も土地が高く、どのエリアが最も土地が安いのかを知っておくことが大切です。
一戸建ての場合は、土地があって初めて家を建築する事が出来ますし、分譲住宅の場合でも購入価格がどのような内訳になっているのを見た時、その価格が適正であるのかどうかと言った判断も出来るわけです。

厚木市の中で最も土地の取引価格が高いとされるのは中原区で、1坪あたり128.84万円になります。
一方、厚木市の中で最も土地の取引価格が安いとされるのは麻生区で、1坪あたり58.81万円になります。
因みに、神奈川県の中で最も取引価格が安い地域は足柄下群箱根町で、1坪あたりの価格は6.49万円になります。
尚、このデータは2013年度における土地の取引価格になります。

マイホームを手に入れる場合、マンションが良いのか一戸建てが良いのかと言った事で迷う事もあります。
一戸建てとマンションを比較していくと、ライフスタイルに合っているのはどちらなのかという事が見えてくるものです。

マンションと言うのは共有住宅であり、壁の向こうはお隣の世帯になります。
最近は防音性能などが高くなっているなどの理由で、生活音などが少ないとも言われています。
しかし、夜間など静かな時間帯などは生活音が気になる事もあります。
特に子供などが居る場合は、子供がフローリングの部屋を走り回る事で音が下の階に響くなど、注意をしなければならないと言った事もあります。

その点、一戸建ては全てが所有物ですので、走り回っても下の階の人の事を考えると言ったことをせずに済むわけです。
また、楽器の演奏などについても、近隣の人への迷惑にならない時間帯を選ぶなどすれば、演奏も可能です。

尚、所有における比較をしてみるとどうでしょうか。
一戸建ての建物が有る土地と言うのは全てが所有物となります。
しかし、マンションの建設されている土地と言うのは、専有面積の割合による持分になりますし、その持分の土地は自由に使う事が出来ません。
その点、一戸建ての土地は全てが所有権を持ちますので、建物が古くなることで建て直しが可能ですし、土地と建物を合わせて売却する事も出来ると言ったメリットがあるのです。”

Copyright© 2015 厚木で一戸建てをライフスタイルに合わせて作りたい、都内にも近くてお勧めですよ All Rights Reserved.