メインイメージ

物損が生じたとき

交通事故で物損が生じたときには速やかに弁護士に相談をする

交通事故によって被害者が大きな被害を受けたときには、保険会社に対してその賠償を請求しなくてはいけません。弁護士に相談することによってこの賠償請求は容易に実現できますが、保険会社に対する賠償請求は一つに限られているわけではないため、請求できるあらゆる権利を検討してしっかりと話し合いを進めていかなくてはいけません。

交通事故によって生じる物損には大きく分けて二つの種類が存在することをまず知っておかなくてはいけません。物損と言うのは、何も物的な損失だけを意味するわけではなく身体的な損害もその対象に含まれています。そのため、物的な損害と身体的な損害の二つが生じたときにはそれぞれのケースで権利を合算して賠償額を計算しなくてはいけません。

まず、自動車が大破したときなどのように物的な損害に対して認められる民事的な権利のことを損害賠償請求権と言います。損害賠償というのは、言い換えれば加害者に対する弁償行為を要求することを意味します。弁償と言うのは、実際に生じた損害の範囲内で賠償を請求することを意味しますので、交通事故の場合は自動車が壊れてそれに関して必要になった修理代の分だけを請求することが出来ます。

もう一つの権利として認められるのは、被害者の精神的な損害に対して認められる慰謝料請求権で、この精神的な損害には肉体的な損害から精神的な損害を受けた場合も含まれています。交通事故の現場において弁護士に対して最も相談されるのがこの慰謝料請求だと言えます。慰謝料請求の相場はそれぞれの交通事故の状況によって全く違います。損害賠償と異なって損害分だけを請求するわけではなく、あくまでも被害者が満足できる金額を請求することが可能です。確かに、慰謝料請求であっても相場は存在しますので弁護士からその相場を計算されることもありますが、その相場に納得がいかなかったときにはそれ以上の相場で相手に対して慰謝料を請求することも可能です。この場合には、示談交渉だけではなく裁判で慰謝料を争うことも出来ます。

基本的に、交通事故で弁護士に対して慰謝料を請求するときには物損の賠償として慰謝料だけではなく上記の損害賠償も含めた計算をしてもらうことになります。これらに加えて、交通事故によって後遺症を背負ってしまったなどの特別な事情がある時にはさらにこの請求金額に上乗せして慰謝料を請求することが可能なのでその都度しっかりと計算してもらわなくてはいけません。

Copyright© 2015 交通事故にあったときに弁護士との手続きをどう済ますか All Rights Reserved.