メインイメージ

手続き

交通事故の手続きを弁護士がするメリット

交通事故被害にあった場合、弁護士に手続きを依頼しましょう。

慰謝料の額の基準は保険会社と裁判所で大きな差があるので、相談することで金額が大幅にアップする可能性が高いです。

相手方との交渉は交通事故で怪我の治療中の身には負担となり悪化を招く結果となるケースもありますが、弁護士が交渉し手続きすることでわずらわしさから解放されるのです。

交通事故の損害賠償請求は治療費だけでなく休業損害や付添費など多岐にわたります。もしも旅行を予定していた場合はその旅行のチケット代のキャンセル料まで含まれます。本来保障されるはずの項目を見落としてしまわないためにもお願いして損害項目の確認をする必要があるのです。

任意保険に加入している場合、怪我の治療費は相手方の保険会社が直接病院に支払ってくれます。しかしながら交通事故の状況によってはまだ治っていないにもかかわらず治療費の支払いが一方的に止められてあとは自費で通院しなければならなくなるケースもあります。また、交通事故によって後遺症が残ってしまう場合もあります。そのような際にも弁護士にそうだんすることで、自費を払って継続していた治療の代金もあとから請求できる可能性もありますし、後遺障害の認定を受けることもできます。

ほとんどの場合、示談で済ませられますが、示談で折り合いがつかなかった場合は裁判という形になるケースもあります。裁判において弁護士を代理人にした場合は弁護士費用は交通事故と関係ある損害として認められます。認定された損害額の1割程度というのが相場ではありますが、いくらか戻ってくるのです。

とはいえ、相談料というのは高いものだし、示談で済ませられたのだから特に相談する必要はないと考える人も多いです。しかしながら現在は保険に加入した際に、弁護士費用特約というのが付いている場合が多いのでそれを利用すればよいのです。

保険会社の自動車保険というのは基本的に事故相手の賠償に備えるためのものです。自身の過失がゼロだった場合、相手への賠償が発生しないので自身の保険会社は示談交渉をしてくれません。賠償義務が発生しなければ示談に介入することができないのです。しかしこの特約がついていることによって示談交渉をしてもらうことができ、その際に発生した弁護士費用は保険会社が支払ってくれるのです。

依頼することによるメリットは大きいものです。最近の自動車保険はほとんどこの特約はついていますが、一度自分の保険も確認しておきましょう。

Copyright© 2015 交通事故にあったときに弁護士との手続きをどう済ますか All Rights Reserved.