メインイメージ

むちうちになる

交通事故でむちうちになって弁護士に相談する

普段ふつうに生活をしている中で、弁護士に依頼することなど、ないように思われますが交通事故は別です。
自分には全く非がない状態でも交通事故に巻き込まれて怪我を負ってしまうということはあります。かなりの怪我の場合は、救急車に運ばれて入院をして怪我の完治を目指すということになりますが、そのときは怪我を負っていないように思っても、あとから怪我がわかって通院するケースというのもあります。たとえばむちうち症です。ですから交通事故に遭った場合はその大きさに関係なく、まずは警察を呼ぶということが必要です。警察を呼んで事故扱いにしてもらうことばまず必要です。そして、その数日後には病院でレントゲンなどを撮っておくことが必要です。いくらあとから、痛みがでたといっても事故から1か月もあってからむちうちの症状がでたといってもそれは認められません。すくなくとも1週間以内に症状を相手方の保険会社に話すことが必要です。そしてその後から治療をはじめていくのですが、治療は医師のいる整形外科でおこなったほうがいいです。というのも保険会社によっては接骨院や鍼などの治療は医療費とはみなさないとしているところもあるので、医師のいる整形外科でおこなったほうがいいです。

きちんと治療をしても半年から1年くらいたってくると加害者側の保険会社からそろそろ治療のうちきりを言い渡されるケースがあります。その場合は医師から後遺症診断という診断書を記入してもらって相手側の保険会社に提出することになりますが、相手から提示される金額が自分の思っていた金額よりかなり低いというときがあります。こちらにはまったく非がない交通事故なのに、怪我を負い後遺症まで残っているのは不服に思うことになります。そんなときは、泣き寝入りをせず、弁護士に相談することが大切です。

弁護士は交通事故の状況や怪我の状態をこまかに検証していきます。怪我によってどれくらいの損害をうけたのか、後遺症が今後どれほどの影響を与えていくのかをしらべていきます。そのうえで、相手の保険会社と交渉をしてくれるのです。
少なくとも、個人で一方的にいわれる金額よりもずっと満足できる金額を提示してもらえる可能性が高まります。

むちうちという本人しかわからないようなつらさの症状のときは、はじめからあきらめてしまう被害者も多いですが、そういう人こそ、弁護士に相談することで、道が開けていくといえるのです。

Copyright© 2015 交通事故にあったときに弁護士との手続きをどう済ますか All Rights Reserved.